Vol.14 – 佐藤 さりな / 新卒でMicrosoft入社を決めた理由と、外資ITの働き方

※内容は、2019年1月時点のものです。

The sky’s the limits.
空のように、限界なく。

いま

– お久しぶりです! 今について教えてください。

ご無沙汰してます。
はい、新卒で日本Microsoftに入社。
今年の4月で4年目で、ずっと法人営業をしています。

– 入ってみていかがですか?

大手法人向け営業なんですが…
チームで顧客の課題解決をしています。

働き方は、結構個人の裁量権をもたせてもらえるのがいいなと思っていて。
いつ、どこで、どういう働き方をするかは自分で選べるんです。
まぁ、失敗もしたんですけど(笑)

– そうなんですね!気になります(笑)

あ…(笑)、いや、なんか…その、集中しすぎて。
無茶して、2か月に一度胃腸炎になるっていう。
でも、体調管理含めて自己責任だから、周囲にご迷惑をかけないようにしなくちゃなって、反省です。

– なるほど、大人な学び。どういう基準で今の仕事を選びましたか?

学生時代から、お客様を幸せにする仕事をしたくて。
テーマパークでキャストとかもしてました。

– あ〜!確かにネズミーにいそうな…!(笑)

お客様の期待値を超えるサービスって、どうやったら提供できるのかなって思い始めて…
インバウンドも増えているし、日本のサービスへの期待値というのはきっと上がっている。
だから現場の負担はきっと増えている。

何がこの、ホスピタリティという業界を救うんだろう。
そのとき思ったのがITだったんです。
だからそれを学べるところがよいなと。

– その中から現職を選んだのは…

大手で、広く浸透しているサービスだから、スタンダードを広範囲に学べるのかな、って。
ITという基礎も、ビジネスも学べるし。

一方で、私はまだホスピタリティ業界の課題解決をできたわけではないから、これから何をしていこうかなとは思っています。

– ふむふむ。新卒外資ITって、結構みんなの注目を集めそうですが…

あぁ、そうですよね〜…(笑)
良し悪しはもちろんありますよ。

自律的な風土なので、自己規律がかなり求められる。
一方で社会人研修とかOJTみたいなのがあまりなくて…
受け身だとなかなか辛いかも。

– なるほど。いま、自分が新卒だとしたら、どこを選びますか?

うーん…でも、やっぱり外資が、いいかな。
私、ここで、自分を育ててもらうという甘えを、捨てることができたんです。
このマインドはいつかは持たねばならないもの。
IT系で行きたいという気持ちも変わっていないです。

– もし最初から職種を選べるなら、何がいいですか?

うーん…新卒ならやっぱり営業、かなぁ…
ある種、社会人の最初は、他社理解が必要だと感じていて。
現場を経験すること、顧客と触れ合うこと。

– 似たところだと、新卒コンサルもありえそう。

ああ、そうですねぇ…
…顧客理解のキャッチアップが大変、そうではあるかも。
一方で、自分の力はめちゃくちゃつくと思います!

– そうですね。これからやってみたい仕事はありますか?

今は、本当になんでもやりたい!(笑)
マーケティング部門とか、企画とか。
あとは社長室とかも気になります。

一番コアでやりたいのは、やっぱり、自分で考えて回すというプロセスそのもの。
それがお客様に届いて、その方のためになったときに、自分の価値が出せたと、きっと思えるから。

– コアが自覚できていると次が選びやすいですね。

これまで

– 子供時代、学生時代。

え、ふふ…
何も考えずに近所の子と外で遊んでました(笑)

親がプロサーファーなんですけど、連れられて毎週海に行っていました。
だから自然とたくさん触れ合って…虫取りとか行ってたなぁ〜。
小学生まで本当に楽しくて、あんまり深く悩んだことは、なかったです。

– 楽しそう!習い事とか部活は?

水泳、バレエ、ピアノ、書道、英会話教室…
いろいろやらせてもらってました。
親が、これどう?って言うのを片っ端からやっていた感じ。

思い出で残ってるのは、バレエ。
3歳頃から小学生までやってたんですけど、かわいい衣装を着られて、大きいステージで注目されて…小さいながらに、いっちょまえに緊張とかして(笑)

– ふむふむ。やっていてよかった習い事ってありますか?

書道!
字は人を表すっていうし。
当時は静かな部屋で黙々と字を書く意味が、わからなかったですけど…(笑)

いま字を書くことはあまりないけれど、例えば友達にお礼でミニカード書くときとかに、綺麗に書けるのは嬉しいなー。

– なるほどー。部活は何か?

小学校のときは合唱部。
中学は帰宅部で、高校がバトン部。

子供の頃、歌が得意だったんです。
得意なことだったから、そんなに頑張らなくてもうまくできて、いやぁもう、一番いい時代だったんじゃないかな!?(笑)

– (笑) 転機はありました?

あー、もう、中学がどん底で…
それまで勉強も大してしてなかったけど、さすがに勉強しないとついていけなくなっていくし、人間関係は思春期で複雑になっていくし…

部活での関係もきつくなってきて帰宅部になって。
その後は友達とアイドルのおっかけとかやってました(笑)

– へぇ〜…ちなみに私アイドル全然わからなくて申し訳ないのだけど、誰の…?

ジャニーズの、Newsの手越くん!
とりあえずかっこいい、以上(笑)

彼を深く掘り下げて好きな要素があったかというよりも、多分、みんなの共通の話題だったから、盛り上がるのが楽しかった…のかもしれない。
当時まだケータイ持ってなくてPCだったけど、女友達と毎日メールしてました。

– なんだか楽しそうですね!

そう、でも、中学の時、すごい体重が増えて…
スクールカーストって見た目の影響すごいなって今すごいわかる。
もう自信なくすんですよね…

– わかります!私も第二次性徴で体質がガラッと変わって…

そうそう、小学生まではガリッガリだったのに、ってやつです。
もう絶対あの体型には戻りたくない!(笑)

– わかる、トラウマです(笑) 高校は?

すっごく行きたいところがあったんです!
偏差値高めだけど、すごく自由な…キラキラ高校(笑)。
でも、実際は親が勧めた、厳しい女子校に行って…

– ああぁ…もったいない…(笑)

ね!JKの時期で三つ編み、膝丈スカートって!(笑)
しかも、成績もやばくて…
ほんと、下から数えたほうが圧倒的に早くて…

でも、この時、わかったんですよ。
うまくいっていないのは、中学の時に勉強しなかったからなんだって。
そこからもう、勉強するようになった。

成績も、体型も戻って、友達に恵まれて…
そこで人として更生したなって(笑)

– そうなんですね。大学はどうでした?

早稲田に行きたかったんですけど、落ちて、明治。
だからちょっと不貞腐れてました(笑)
勉強もゼミもやる気でないし、人と比べて自己嫌悪に陥ってた時期。

でも、大学2年の時に、旅行でNYに行ったんです。
初めての海外。
これがすごくいい体験だった。

– 私もNYの旅で人生変わりました!どう感じました?

自分の存在が全然ちっぽけだな、って。
たかだかゼミとサークルで何悩んでるんだろうって。
世界が広いという衝撃、感動。
帰国してすぐ親にお願いして、シアトルへの留学を決めました。

– いいですね!留学はどうでした?

1年間。マーケティングを学ぶコースをとりました。
いやもう…最高でした(笑)
今の私は、あの経験で作られてると言っても過言ではないです。

自分は何者かを突き詰めて考えることができた。
スタートアップ向けマーケティングを考えたりとかもすごく楽しかったし、サンクスギビングデーにキャンプを企画したり…

一生懸命だった、没頭できた。
知らない人とチームアップする刺激。
何もかもが…私の礎(いしずえ)です。

– 外資に行きたいと思ったのは、留学が影響している?

してますね〜、多分…
向こうの人たちのほうが話しやすかったんですよね、私。
自分の気持ちを素直に言いやすかった。
それに、多様性に飛び込む方が向いてると感じたから、そういう環境にいたいって思った。

– 向き不向きを知るために、挑戦は必要なのかもしれないですね。

価値観

– 自分の生まれ持ったミッションは、なんだと思いますか。

人に、パワーを与えること。
私と一緒にいることで、心を熱くさせたい。
世界のどこにいっても、これをしたいと、思う。

– これは何か原体験が、ある?

就活の時に「人を幸せにしたい」って思ったのが自覚のきっかけではあったと思いますが、でも仕事に限らなくて。
家族だとか、友達とか、みんなに対して、そう思う。

だから本当は、営業でやりたいのも、商品提案というよりも、その人を幸せにしてあげたいっていう気持ちが根底にある。

お客さんに「佐藤さんは元気印だね」って言ってもらうんですけど…
うん、自分は、そういう存在だな、って。

– なるほど。趣味、好きなこと。

たくさんあるんです!
旅行!特に世界遺産。

世界史がすごく好きで。
旅行すると、それを体感できるのがいい。
あとフードアナリストも持ってるし、化粧品検定もこれから受けようと思っていて…

食は特に、旅行でも紐づく。
最近、箸文化検定も受けてて!
日本の文化をちゃんと伝えられるようになりたい。

[ 世界で唯一の”箸検定” – 日本箸文化協会 ]

美容もそう。
自分にとって何がいいかを勉強して体感するサイクル、なんでしょうね。

– おぉ〜…めっちゃ受けてますね…

でも、これは、いわゆる資格ゲッターだなって、わかっているんです。
どうやって活かされるのかは、わかっていない。

– これらのスキルを、人のために活かせたらいいなと思う?

思いますね!
インプットするだけだともったいないなぁって。

掛け算なのかなって思っていて。
例えば私は英語が話せる、テクノロジーがわかる。
だから食とか美容についてもグローバルな発信は可能かなって。

– やってみたいことって何かキーワードあったりしますか?

いや〜それが幅広いから悩んでて…
旅、食、美容、健康…
全部好きだし、どうやって深堀したらいいんだろって…

接待が多いから、接待に向いてる店の紹介とかやろうかなって思ってた時期とかもあったけど(笑)

– ちなみに子供の頃の夢は?

パティシエと獣医さん!
昔、テレビチャンピオンってあったじゃないですか。
出演者の、横山さんっていう人が出しているケーキ屋さんが近所にあって、食べてみたら、もうめっちゃ美味しくて!

私、絶対パティシエになる〜!って言って、よく料理してました。
その後、動物好きで鳥飼ってたんですけど、病院につれてったら、獣医さんの治療を見て…すごいなって…!

でも、中学の時に数学と理科できなかったから、無理だなって思ってやめた(笑)
料理は今は全然しなくなっちゃった(笑)

– ふむふむ。いいなと思う会社やサービスはあります?

ブランド主義が全然ないので、そういうのは…
最近いいなって思うのは、広告費少ない会社。
キールズとか…
ああいうところは開発費にお金かけてるから。

[ 調剤薬局から誕生したコスメ – Kiehl’s ]

– なるほど。ちなみにシャンプーはどう選んでますか?

SEE SAWっていうの使ってます!

[ 心を奪う、髪になる – See Saw ]

私、アナウンサーの田中みな実さんが好きで、彼女の意見を参考にしてて…
それで知りました。

[ フリーアナウンサー – 田中みな実 ]

– ふむ…見た目を改善・維持するコツって何かあるのかしら。

背筋がシャンとしている人が素敵だと思います。
全てが行き届いている感じ。
髪や肌が美しくて、スタイルが洗練されている。

保つ秘訣は、お金をかけることですよ!
私はジムにパーソナルトレーナーつけて通ってるんですけど、せっかく払ってるんだし生活スタイル整えなくちゃ!って思う。
美容室をいいところにして、保つために、頑張ろうとかね。

– なるほど…最近、毎朝体重計に乗るようにしているんですが、意識は大事ですね…

体型大事ですよね!
どんなにかわいい服きても、似合うかどうかのほうが重要!
いい服買うかより、体を鍛えることに主眼を置きたいです。

これから

– いま、5億円もらったらどうしますか。

えーっ、と、とりあえず資産運用…(笑)
あとは世界遺産を回りきる!
その後は、料理学校に通って、栄養学を学ぶ!

最近、鍋ばっかですけどフレンチとか作れるようになりたいな〜。
旅行しながら料理学んだりしたい…

– なんか、旅するフードコーディネーターみたいなのできそうです(笑)

日本食はどこでも求められますからね〜。

– おお、さりな’s Kichenやりたいですね(笑)

楽しそう〜。

– これから、働く上で譲れない条件ってあります?

いつでも、どこでも。フレックス、リモート!
店舗とかだとわかるのですが、定時の概念は私はちょっと合わないかも(笑)

– 同意です(笑)

ノリノリな朝もあれば眠い日もあるわけで、年齢も性別も違うのに、同じ時間に同じ場所に必ず来なければならないというのは、ちょっとつらいのではないかなと。
自分も、営業職でつらいのは、そこですかね…

– なるほど。…生活、居住とか、家族とかについてはどうかしら。

結婚とか…?紙一枚に縛られる感じはちょっとなって…
事実婚でもいいし、究極、当人同士じゃないですか。

– はい、そう思います。子供はほしいと思いますか?

んー、今じゃないですけど、いつかはな、って。
50歳とかになった時、理解者がいてほしい、のかなぁ。
あとは純粋に育ててみたい。面白そう。

– 育児のハードルって何を感じますか?

仕事をしながらって、どこまでできるんだろう…とは思う。
専業主婦も…昔は考えていたかもしれないけど、今はなりたいとは思わない。
オフィスに行かなくても、家でパソコンひとつあれば仕事できる環境だったら、やっぱりいいなって思います。

– じゃあやっぱり、フルリモートで仕事受けられるのが理想ですね。

うん…そうですね。
やりたいことで仕事して、自分の足で歩いて、自分の好きなものを食べたい。
おばあちゃんになっても、ずっと。

きっと、幸せってそういうことだと思う。
だから健康は大事、なのかも。

– いいまとめ(笑) ありがとうございました。

終えてみて

さりな
とっても楽しい時間でした!
話しやすかったですし、ポンポンと話題が尽きることなくリラックスして話せました。
最後は、こんなこともできるのでは、、?なんていうアイデアもあって、凄く楽しかったです。
新しい自分のキャリアにもちょっぴり出会えたような、そんな気がします。
また、お話ししたいに、尽きます!

Nocchi
数年ぶりの再会でしたが、キャリア、旅行、美容に健康と、話題が尽きることなく、とても楽しかったです。
やりたいことがたくさんあるさりなちゃんだからこそ、一緒にできることも次々アイデアが湧いてきて、今後が楽しみです!

Profile

佐藤さりな
1992年生まれ。千葉県出身、明治大学卒業。
2016年日本マイクロソフト入社後法人向け営業。
趣味は世界遺産巡りと料理、美容。